シャツには、たくさんの種類がありますが、どのような物があるか、少しずつ例を挙げて、それらの特徴を見ていくことにします。まず、多くの男性が子供の頃、着た経験があると思うのが、半袖の白いシャツとランニングです。昔は、これらは男性用の下着としてよく着られていました。特にランニングは、小学生の男の子が外に遊びに行く時にも、着ている光景が見られました。

現在の日本では、あまり見かけられなくなりましたが、古いドラマを見ていると、時々見受けられます。最近の若い世代は、下に着る物としてTシャツを着ることが多くなりました。学校に行く時の制服、特に夏場ですが、Yシャツの下に半袖の下着ではなく、これを着ています。さらに、夏場は普段着としても、多くの若者が着ています。

以前は、白い物を着ている人が日本では多かったのですが、最近はカラフルな物を着るのが流行しています。20代の人たちは袖の無い、タンクトップやノースリーブを着ていることもあります。秋から冬にかけて気温が低くなると、トレーナーの下に長袖を着ることが多くなります。その長袖の下に着る物としても、最近では熱を逃さない機能性の下着が開発され、寒い時に外で働かなければならない人や、体が弱く風邪をひきやすい人には、良い物です。

ビジネスマンの仕事着としては、スーツの下にYシャツを着てネクタイを締めるのが日本では一般的ですが、アメリカではビジネスカジュアルというノーネクタイで少しラフな格好でもビジネスの場で通用するようになりました。日本でも夏場にクールビズとして取り上げられています。役所でも、沖縄のかりゆしウェアを着て仕事する所が、かなり増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です