京都にあこがれる人は非常に多いです。それは日本古来の伝統が街に息づいているからです。食文化一つとっても、薄味で出しのきいた食事であり、心底おいしいと感じることができます。装いの文化も着物文化が根強く、京都の烏丸駅周辺を歩けば留めそでや振袖を身に着けた人を沢山見かけることができます。

和洋折衷で、様相と和装が等しく見られる街は、日本でもそれほど多くはありません。烏丸駅周辺は洋服のブランド店と同様に、呉服や和装小物を扱う古くからのお店もたくさん見ることが出来るのです。また烏丸駅周辺には洋服お直しのショップも数多く存在します。昨今はビンテージブームで古着を好んで買う若い人も多くなっています。

そうした背景で、新たに洋服お直しショップを開業する人も多くなっているのです。ビンテージの洋服は経年劣化による縫製のほつれなどが目立ちます。そのため洋服お直し業者に依頼して縫製のし直しを依頼するとよいのです。一から縫い治すことで強度も増し、よりシルエットが美しく新品同様のようになることもあります。

またこうした洋服お直しショップでは、和装の直しも行っています。これは京都烏丸独特ともいえるでしょう。浴衣などのほつれを依頼する人も多くなっています。浴衣は昨今、中国製も多くすぐに縫製が取れてしまうのです。

そのためこうしたお直し業者に持ち込んで、修理を依頼する人も増えているのです。この場合、手縫いかミシン縫い化を選択することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です