スーツスタイルには欠かせないドレスシャツですが、スッキリと着こなしている男性はそれだけでも魅力的に見えます。カッコよく着こなすためには、着こなしの基本が大切です。まずは、基本をマスターしてスマートに着こなしましょう。大切な基本となるのが、身体にあったジャストサイズのシャツを選ぶことです。

ドレスシャツのサイズは首まわりと袖丈の長さがポイントになります。基本のサイズを覚えておくと便利です。首まわりは、基本的に実寸にプラス2センチといわれています。首のボタンを閉めて、すき間に指1本から2本分ほどのゆとりが必要です。

ネクタイを締めたときのポイントとなりますので重要です。大きなサイズを選んでしまうと、首まわりだけでなく身幅も大きくなるので、だらしない印象になってしまいます。気をつけましょう。袖丈の長さも重要なポイントとなります。

採寸は、首からの後ろの中央から肩を通って、そのまま手首のくるぶしあたりまでを計測します。ジャケットを着用したときに、ジャケットの袖からドレスシャツが1センチほど出るくらいの長さが理想的です。また、綿素材などの縮みやすい生地は洗濯やクリーニングの際に縮む場合が多いので、素材によってはさらにプラス1センチほど余裕を見ても良いでしょう。最近では、細身のデザインが特徴のドレスシャツも多く見られます。

細見は着てみたいけど無理なんて思うひとも多いかもしれませんが、自分のサイズにピッタリとあったものならカッコよく着こなすことができますので挑戦してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です